プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーについてのよくある質問をまとめました。

▼多彩なカラーと保存期間の長さが特徴!
多彩なカラーが実現できるプリザーブドフラワー 多彩なカラーが実現できるプリザーブドフラワー

なぜプリザーブドフラワーは「枯れない花」と言われるの?

・プリザーブドフラワーは英語で「Preserved Flower」直訳すると「保存された花」で、防腐処理の加工を施したお花の事です。 近年ヨーロッパで発祥した加工花で●長持ち ●水やり不要 ●みずみずしい質感 ●多彩なカラーバリエーションという理由で人気が出たお花です。 よく日本では「ブリザードフラワー」と呼ばれていますがこれは呼び間違いで、お花を凍らせたりしているわけではありません。

生花やドライフラワーとの違いは?

・生花を一番美しく咲いた状態で摘み取り、特殊な保存液や染料等を吸い込ませたお花がプリザーブドフラワーです。乾燥させて色褪せた風味を楽しむドライフラワーとは違ってみずみずしさや柔らかな質感があります。鮮やかな発色も可能で、生花に存在しない青や緑の薔薇も実現可能です。加工済みなので花粉の心配もありません。アレルギー持ちの方やお見舞いのお花としても人気です。生花より軽くて長く飾れますので、ウェディングブーケ等にも使われています。

お花の保存期間はどのくらい?

・お花の美しさが保たれる期間は、保存条件でかなり変わってきます。湿度の低いヨーロッパでは平均5~10年持つと言われていますが、高温多湿な日本では保存状態が悪いと3ヶ月程度で劣化し始めることもあります。ですが、日本でも高温多湿と直射日光を避けた場所に飾ったり、クリアケース等にいれて飾れば5年~10年と美しさを保つことができます。

直接プレゼントとして贈っても大丈夫でしょうか?

・全品にプリザーブドフラワーの取り扱い説明書をつけてお贈りしますのでご安心ください。


プリザーブドフラワーは値段が高く感じます。値段に比べてサイズが小さくないですか?

・プリザーブドフラワーを初めて購入する方は、生花の大きさと値段を基準に感じるので「お花一輪がこんなに高いのですか!?」驚かれる方も少なく有りません。プリザーブドフラワーは生花の美しさを保てるように、花びらを壊さないように一つ一つが手作業で加工されております。生花を加工するのはとてもデリケートで繊細な作業です。生花に比べてお花一つ一つの値段は高価です。その分、生花の何倍も長い間美しさを保つ事を実現してくれています。

保存の注意点はなんですか?

・水やりは不要-湿気が多いと染料や保存液が染み出てしまうので水は絶対に与えないでください。
・高温多湿は避ける-高温多湿には弱く、上記の様に液体が染み出したり花びらにひび割れができる原因になります。
・直射日光は避ける-お花に限らず衣服や雑誌も直射日光に当たり続けると色褪せてしまいますのでご注意ください。
・優しく扱う-生花を加工しておりますので、取り扱いは優しく行ってください。強い力を与えると花びらが取れたり折れたりしてしまいます。

上記の内容は商品付属の説明書に記載されております。 保存液が染み出て衣服や器などについた場合は速やかにふき取ってください。カーテンや衣服にお花が接すると色移りの可能性がございますのでご注意ください。

花びらが割れています。

・当店では出荷時にお花の色や形を作成時・出荷時に一つ一つ検品してから出荷しております。 ですが、プリザーブドフラワーは自然素材である為、小さな衝撃や湿度の急激な変化、乾燥によって花びらにひび割れが生じる事がございます。指で触れるだけで破れてしまう事もございます。多少の割れは素材の性質上ご容赦ください。お届け時に花びらの割れが著しく見られる場合は初期不良品として交換対応致します。到着から7日以内にご連絡ください。※商品ご到着7日以降にご連絡いただいた場合、交換対応致しかねますのでご容赦ください。