ホワイトデーのお返しには意味がある!

⇒ホワイトデー向きのラグジュアリーフラワーはこちら

ホワイトデーのお返しで人気なのがお菓子と花。でも、お菓子も花も意味がこめられており、その意味をわかった上で贈ることが大切です。ホワイトデーでよく贈られるキャンディやマシュマロにも意味があります。知らないで贈っていると相手に誤解されてしまうかも。意味を知って、さりげなく自分の気持ちを伝えられるホワイトデーにしたいですね。

具体的に何を贈るかを決める前に考えたいことがあります。それは、ホワイトデーのお返しにはちゃんと意味があるということです。
その意味を知らないで贈ってしまっては、相手に誤解されてしまうことも。ホワイトデーのお返しの意味を知って、上手に気持ちを伝えたいですね。

・クッキー
クッキーは、義理から本命まで幅広く贈られるものです。そんなクッキーに込められた意味は、「あなたは友達」。義理ならばともかく本命に贈る場合は気をつけたいお菓子。

・キャンディ
本命チョコへのお返しは、キャンディがおすすめです。なぜならキャンディには「あなたが好き」という意味があるからです。

・マカロン
マカロンは「特別な人」という意味を持っていますので本命の彼女や奥さんに良いと思います。

・マシュマロ
ホワイトデーのお返しのお菓子としては人気のマシュマロですが、注意が必要なお菓子でもあります。なぜなら、マシュマロには「あなたが嫌い」という意味があるからです。

・お菓子だけではなくプラスでお花をお返し

フラワーギフトもホワイトデーのお返しの人気者。花には「花言葉」があるように、意味の多彩さではお菓子を上回ります。
お花は本数にも意味があるので、花を贈るときは贈る本数にも気を配ると良いです。

・代表的な「バラ」
バラは「愛」を意味しています。赤いバラは「情熱的な恋」白いバラは「純潔」などを意味しています。色によって意味が違うので、どんな気持ちで贈るかを色で伝えることもできます。

・本数の意味を使い分け

花のなかでもバラは、本数にも意味があります。バラを贈る場合は、本数にも気を配りたいですね。

1本
1本のバラには、「一目ぼれ」の意味が。1本だけでは寂(さび)しい感じもしますが、1つしかないことで「運命の人」と伝えることもできるんです。

3本
3本では「告白」の意味があります。最も愛の気持ちを伝えやすい本数です。

7本
7本では「ひそかな愛」。片思いの時のプレゼントにピッタリです。

11本
「最愛」の意味がある11本のバラ。恋人へはもちろんのこと、両親などへ、感謝の気持ちをこめて贈ることもできます。

男性の皆さん、ホワイトデーのお返しの参考になりましたか?
お花やお菓子をプレゼントして喜ばない女性はあまりいません。この機会に奥さんや彼女に心のこもったプレゼントをしてみては如何でしょうか!

⇒ホワイトデー向きのラグジュアリーフラワーはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください